ブログ
WEB予約
MENU

ブログ

Blog

初診の方へ|高槻市真上町のペインクリニック内科 - 芥川きどクリニック

頚部神経根ブロック


頚部神経根ブロックとは

 

首(頚部)からは左右それぞれ8本の神経が肩、腕、手に向かって走行しています。

超音波装置を用いて、一本一本の神経を同定し、脊髄から神経が出てくる「根っこ」のレベル(神経根)に局所麻酔薬やステロイド(炎症止め)を注入することにより、痛みを抑える治療法です。

 

ブロック後、腕が痺れたり、完全に動かなくなることもありますが、30分ほど時間が経過すると回復しますので心配はいりません。

腕が動かないときは三角巾で腕を支えて、お帰りいただくこともあります。

 

※ 頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニアや帯状疱疹では神経根レベルでの炎症が関与しているため、腕神経叢ブロックより、治療効果は高いと考えられます。腕神経叢ブロックよりも手技が難しいため、保険点数は高くなります。

※ 造影剤とレントゲン装置を用いる方法もありますが、当院では造影剤アレルギーとX線被ばくを考慮し、超音波装置を用いて方法を採用しています。

 

方法

  1. 痛い方を上に横に寝ていただき、頸部を消毒します。
  2. 超音波(エコー)で幹部を確認しながら針を刺します。針を進める途中で、腕に痛みや痺れが起こることがありますので、その時は医師に声をかけてください。
  3. 針が患部に達したら、局所麻酔薬・ステロイドなど薬液を注入します。薬の広がりを超音波で確認し、ブロック治療終了です。所要時間は5分程度です。
  4. ブロック終了後、30分間は安静にしていただきます。安静時間終了後、身体の状態を確認したらお帰りいただけます。

 

代表的な適応疾患

頭頚部、上肢の有痛性疾患

例)帯状疱疹後神経痛、頚椎症性神経根症、頚部脊柱管狭窄症、頚椎椎間板ヘルニアなど

 

患者さんの基礎疾患や服用しているお薬によっては、すべての方で施行可能とは限りません。上記のような痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

芥川きどクリニック

院長 城戸 晴規

〒569-1121

大阪府高槻市真上町1-3-28

TEL:072-685-0161

FAX:072-685-1677

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ