ブログ
WEB予約
MENU

ブログ

Blog

初診の方へ|高槻市真上町のペインクリニック内科 - 芥川きどクリニック

星状神経節ブロック


 

星状神経節ブロックとは

頚部にある交感神経を局所麻酔薬でブロック(遮断)することによって、顔面、頭部、胸部、上肢の血流の循環を良くし、種々の痛みをやわらげる効果があります。最近では、超音波装置を用いて、より正確により安全に行うことが増えてきています。

 

方法

  1. 治療台の上に横向き、もしくは仰向けに寝ていただきます。
    ネクタイ・ネックレス・ボタンなどをはずし、襟元を広げておいてください。
    仰向けでの処置の際は、両手を体のわきに置き、枕を外して、顔は正面を向け、下顎をやや突き出し、口を軽く開けてください。
  2. 注射する側の首周辺を消毒します。
  3. 指や超音波プローベで首の筋肉や血管を押し分け、その奥の交感神経の近くまで細い針を刺します。
    痛みは、針を皮膚に刺す時、チクッと感じる程度です。
  4. 針先が目的の場所に到達し、局所麻酔薬(薬剤名・量:1%カルボカイン5ml)を注入しますが、その時に肩や後頚部、背部にずーんと響く感じや痛みがでることもあります。
  5. 局所麻酔薬の注入後は、針を刺したところに綿花をあて、反対側の指先で約5分間しっかり圧迫していただきます。
  6. 約30分間はそのままベッド上で安静にしてください。

 

ブロック後の症状

まぶたが重くなる。

顔から手先にかけて温かくなる。

目が充血する。顔が赤くなる。

鼻がつまる。

以上のような変化が起こることがありますが、時間が経過すれば元に戻りますので特に心配する必要はありません。
ブロックが効いている証拠とも言えます。

 

代表的な適応疾患

頭頚部、顔面、上肢、上胸部の有痛性疾患、末梢循環不全による痛み

例)頭痛、帯状疱疹後神経痛、頚椎症性神経根症、頚部脊柱管狭窄症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎捻挫、複合性局所疼痛症候群(CRPS) など

 

患者さんの基礎疾患や服用しているお薬によっては、すべての方で施行可能とは限りません。
上記のような痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

芥川きどクリニック

院長 城戸 晴規

〒569-1121

大阪府高槻市真上町1-3-28

TEL:072-685-0161

FAX:072-685-1677

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ