ブログ
WEB予約
MENU

ブログ

Blog

初診の方へ|高槻市真上町のペインクリニック内科 - 芥川きどクリニック

エムガルティ体験談①


 

ひさしぶりの投稿となります。

ブログ投稿一発目で記載しましたが、そろそろ筆不精であることがバレつつあります。(笑)

 

それはそうと、昨日は週に一度の大学病院勤務でした。

以前にもブログで紹介しました、片頭痛予防薬「エムガルティ」の注射をしてきました。

エムガルティを簡単に説明しますと、日本で初の片頭痛に対する抗体製剤であり、CGRPをターゲットにします。

シリンジタイプとオートインジェクタータイプがありますが、大学ではオートインジェクターが採用されていました。

オートインジェクターは、その名の通り、自動で注射してくれて、針刺しの危険性もないです。

患者さんでも自己注射ができそうで、将来的には自己注射での投与を見越しているのでしょうか。

 

初回は2本注射します。

1発目は初めての不安な気持ちも合わさって、思いのほか痛かったです。

2発目は覚悟していた分、少しマシでした。

針の太さが何Gなのか気になります。パッと見、22Gくらいあった気がします。

製薬会社の方、また教えてください。

 

今はやりの副反応としては過敏反応があるそうですが、今のところ副反応はないようです。

治療効果は3か月後に判定するようなので、とりあえず来月、再来月と注射してみて、

発作回数の減少、発作痛の程度の軽減などを自分自身で評価してみます。

 

あとは、以前にも触れましたが、かなり高額な薬剤です。

診療明細書を確認しましたが、再診料79点、注射は手技料込みで9,053点でした。

3割負担なので27,400円かかりました。来月からは注射が1本になるので半額くらいです。

この金額が高い、安いと思われるのは人ぞれぞれだと思います。これまでにどれだけ片頭痛に悩まされてきたかで、金額の捉え方は変わると思います。

私は20年以上も片頭痛に悩まされ、自分自身の時間を無駄にしたり、周囲に迷惑をかけてきたことを考えると、この金額は安いと思えてしまいます。

 

このブログでは、製薬会社の回し者かというくらいエムガルティを紹介していますが、製薬会社からの利益相反は一切ありません。

ただただ、抗CGRP製剤に期待しているだけなんです。

片頭痛の有病率は8.4%と言われます。

この注射によって、片頭痛に悩まされてきた患者さんが一人でも多く、痛みや吐き気などから解放されればいいですね。

 

一つ注意点です!!

エムガルティの使用には施設基準があり、当院では使用できません。(泣)

注射してほしいと来院されても、当院では対応できませんので、大学病院や近隣施設を紹介させていただきます。

 

 

芥川きどクリニック

院長 城戸 晴規

〒569-1121

大阪府高槻市真上町1-3-28

TEL:072-685-0161

FAX:072-685-1677

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ